lucifer之助のどうよ、これ。 世の中のこれってどう?って思う事を書く。 どうつっこんでいいのやら・・。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
iMacG5のメモリ入れ替えをしてみるってのどうよ。
[No.140] 2007-05-24 Thu 23:40
ここ最近、Macの動作がかなり遅くなっていたのが感じられたので
Swissbitの1GBメモリを2枚搭載する事にしました。

当初はサムスンのバルク製でも良いかなとも思いましたが。
信頼度の点で心配だったのでドイツSIMENS社からメモリ部門が独立したSwissbitの
メモリを使ってみる事にしました。

imacg5

さて、取り掛かりますか・・。


memory1

こちらが今回使用するSwissbit社製メモリモジュール。
写真がぼやけているのは、片手で撮ってますんで許してください。^^;

imacback

まずは平らなテーブルに柔らかい布を敷き、本体を裏返しにします。

neji1

iMacの取説通りに本体右側部分のネジから左回しに緩めていきます。
右が済んだら真ん中。
真ん中が済んだら左。
この時に調光センサーというのがネジと似たような穴でついていますがそれは
回さないように。


imacopen

で、本体内部のご開帳~。簡単に開きます。こういう点は合理的でAppleは
よくできてるなと感心させられます。

memoryopen

G5のロゴが見えますが、その横にメモリがささっています。
古いメモリを抜き、新しいメモリに差し替えます。

memoryon

古いメモリを取り外すのは簡単なんですが新しいメモリがなかなかささりません。
かなり困りました。色々やってみるとコツがわかったのですが、両端の留め具を
同時にタイミング良くはめ込むようにすればうまくハマります。
片方ずつではめこもうとするとうまくいかないようです。^^;


memorycomplete

で、完成。

本体内に埃が入ると大変ですから、そこは掃除機を使用して埃を吸い出します。

そして起動。
memory

OKでした。





で、その後の動作はというと・・Safariの動作やアプリケーションの起動がかなり
早くなりました。気持ちよいほどのに早く動きます。ブラウジングもかなり早くなったような気がします。
アクティビティーモニタでも一応確認しましたが、かなりメモリに余裕ができました。
ただ・・アプリケーションを同時にたくさん動作させると変らないんですけどね。
iMacは2GB以上搭載できないので、また遅くなった場合はデフラグを考えてもいいかも
知れません。


ならIntel買えよって感じなんですが^^;
予算が足りないし、appleケアもまだ残ってるので来年以降でよろしくという事で。
でも、Leopardもあるんですよね。

スポンサーサイト
別窓 | Mac/Apple | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<嘘をついてまで出し抜きたいってのは、どうよ。 | lucifer之助のどうよ、これ。 | ブログで星座を見るってどうよ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| lucifer之助のどうよ、これ。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。