lucifer之助のどうよ、これ。 世の中のこれってどう?って思う事を書く。 どうつっこんでいいのやら・・。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
CMの在り方ってどうよ。
[No.61] 2006-01-11 Wed 00:57
Tivoの日本市場参入はiPod同様、止まらない 電通が阻止?
(My News Japanより)

今年の更新が遅くなっていますが
多忙気味という事もありますのでご了承下さい。

さてさて、今年からはいよいよ放送と通信の融合時代がまさに
本格化してくるような予感がします。
今までアナログ受信していたテレビはテープへのビデオ録画から
MPEG方式でHDDへの録画へ。
マスメディアを支えてきたインフラストラクチャは益々デジタル化へ
加速していきます。

その中、現れたTi-Voですが・・。

ここのウリがCMをスキップできるというサービス。
(サービスというより機能ですが)


大前研一氏は自身が経営するテレビ番組「大前研一ライブ」「大前研一ニュースの視点」のなかで、「日本にだけ、なんでティーボが来ていないのかといえば、答えは電通。コマーシャルをスキップされたら、電通の存続そのものがダメになる。だから、死に物狂いで阻止する。米政府をバックにして電通を追い込んでいかないと」と発言。




なるほど、そりゃ電通は良いままで独禁法にも抵触スレスレの広告業界をなんとか生き抜いてきたわけですから、この牙城が崩れさるというのは大きな痛手になりますよね。

電通だけでなく博報堂もそうかも知れませんが。

しかし、ここで僕が思いたいのはCMスキップ機能が日本人にとって必要かどうか?

僕は、80%は使わないのではないかなぁと思います。
海外のCMもよく出来ているものが多いのですが、CMを見比べても技術面だけで見てみるとやっぱり日本のTVCM技術って凄いなと思うわけです。

国民もTV CM一つで右往左往されてしまうレベルですから
日本人とTV CMは切っても切れない縁なのではないでしょうか?

僕も「あ、好きなメーカーのCMがあるからこの番組を見よう」と思う事も多々ありますし・・。

あの数秒というスポットに映し出されるCM技術はまさに芸術とも言えるかもしれません。
だから、そう簡単にCMをスキップされても嬉しくないんですよね。
僕らは常に新しい情報が欲しい訳ですから。


さて、話はちょっと変わりますが
広告制作を電通だけの独占にしておくのも勿体ないと思いますね。
これからはネットの中の草の根で企業の大小に関わらず広告界者が凌ぎをけずる時代が来るのではないのかなぁ。


例えば・・
広告会社自らネットで番組を作って自作の色々なCMばかり流す専門チャンネルを作ってみるとか。うーん、ショップチャンネルやジャパネットの様な感じになるんでしょうかね?一般視聴者から1万円で自分用のCM宣伝を作る番組を作ってみるとか。


Ti-Voが出てくる事で僕は広告業界にも新たな風が巻き起こることを期待したいですね。




--------------------------追記
・・・と思ったらTi-Voはこんなサービスも検討していたのですね。
hTVコマーシャルを検索できるサービス,米TiVoが来春より実施



なるほど・・ただ単にCMをスキップさせるだけではなさそうですね。
何にせよ面白い試みです。
スポンサーサイト
別窓 | ニュース・社会 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<久々のライブへ行くってどうよ。 | lucifer之助のどうよ、これ。 | 804SHを予約するってどうよ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| lucifer之助のどうよ、これ。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。